偶然見つけたシラグラが私のEDを救ってくれました

男性の皆さんは、女性とセックスしている時にどの様な事を考えているでしょうか。
何も考える余裕なんて無いという方もいらっしゃるでしょうし、冷静にパートナーをより気持ちよくしようと考えている方もいらっしゃるかも知れませんね。
silagra186私の場合は、彼女とセックスしている時に雑念が頭をよぎってしまう事があります。
また、それが原因で昨年EDを発症してしまった事もあります。

また生活習慣もEDの大きな原因になってしまうのです。
特に喫煙はよくありません。

引用元・・・シラグラについて(外部リンク)

セックス中に、将来への不安が私の頭をよぎった為に、ペニスが萎えてしまったのです。

ですが、そんな私もシラグラというED治療薬のおかげで、現在はEDを克服する事が出来ています。
シラグラはインドのシプラという製薬メーカーが製造しているバイアグラのジェネリック版で、個人輸入代行業者で3箱程まとめて注文する事で、一箱1,000円で購入する事が出来ます。
この治療薬を個人輸入代行業者で見つけた事が、私のED改善に繋がりました。

さて、私のEDを呼び起こした将来への不安について、少し記述したいと思います。
一年前、私は彼女にプロポーズをしました。
彼女とは3年以上交際していたのですが、自営業で収入が不安定な私は結婚する踏ん切りがなかなかつかずにいました。
ですが、彼女が私からのプロポーズを待っているという事も、薄々感じていたのです。
そしてある日、私は腹を決めてプロポーズをしたのでした。
彼女は満面の笑顔でOKしてくれました。

しかし、プロポーズをした正にその日、私をEDの症状が襲ったのです。
感動的なプロポーズの後、私たちはホテルへ直行しました。
そしてムード満点でセックスを始めたのです。
しかし、ペニスを挿入してピストンしている内に、モヤモヤと不安が私の頭をよぎり始めました。

その不安とは、結婚して本当に家族を養っていけるのか、というものです。
その不安はどんどん大きくなり、気がつくと私のペニスは萎えていました。
結局その日はセックスするのを諦めてそのまま寝てしまったのでした。
私がEDの症状に本格的に悩む様になったのは、その後日です。
彼女と何度セックスをしようとしても、私のペニスは中折れしてしまいました。

しまいには彼女に浮気を疑われる始末です。
そんな中、私は悩みついでに風邪をひいてしまい、暫く寝込む事になりました。
外出も出来ない状態だった私は、インターネットで風邪薬を注文しようと思い医薬品通販サイトを検索しました。
すると、検索結果にある個人輸入代行業者の名前が出て来たのです。

私が何となくその業者のサイトを見てみると、人気商品一覧にシラグラというED治療薬が記載されていました。
「そうか、ED治療薬を使えば勃起を取り戻せるかもしれない」と、私は直感して風邪薬の事は忘れてED治療薬を購入したのでした。
シラグラは前述の通り価格が安く、収入の低い私にも気軽に購入出来ました。
さて、風邪も治った頃、注目した治療薬が配達されたので、私は彼女をホテルへ誘いました。

初めて飲んだED治療薬の効果は強烈でした。
私のペニスはカチカチに勃起し、彼女をこれでもかという程に満足させたのです。
シラグラのおかげで私はEDを克服し、彼女との仲も取り戻せました。
現在は結婚式の準備を彼女と進めています。

シラグラで男の自信復活

シラグラとはバイアグラのジェネリック医薬品です。
製造販売はインドで行われています。
バイアグラと同じ有効成分シルデナフィルクエン酸塩というものが使われています。
バイアグラの効果はいうまでもありませんが、そんなバイアグラと同じ成分を使って作られたくすりなので、効果はお墨付きといった感じです。
こちらはジェネリック医薬品なのでバイアグラに比べると、とってもリーズナブルなのが嬉しいですね。
効果はほとんど同じだったら安い方がいいですよね。
その事からバイアグラからこちらに変える人も大変多いのです。
しかしジェネリック医薬品とはどんなものなのでしょうか。
バイアグラの真似をして大丈夫なのかという不安を持つ方もいるかもしれませんが、まったく問題のないことなので安心して服用してください。
ジェネリック医薬品とは特許が切れた効果的なくすりと同じ成分を使って作られたくすりなのです。
日本でも近年ジェネリック医薬品が増えてきました。
1から研究する必要がないため、とても低価格で販売することが可能となっているのです。
しかしひとつ残念なことがあります。
それは現在の日本ではまだシラグラの認可が下りていないのです。
認可が下りていないということは、日本では発売されていないということになります。
ですから現在どうしても入手したいとなると、直接インドに買いにいくか個人輸入で購入するしか方法がないのです。
しかし効果がありとてもリーズナブルなので、個人輸入で入手する方も大変多くいます。
こちらを服用する際には空腹時がおすすめです。
食後の服用は効果が出にくくなる恐れがあるのでおすすめできません。
また脂っこい食事は特にくすりの吸収率が下がってしまうのでやめましょう。
せっかく飲むのでしたらきちんとした効果を感じたいですね。
また血管拡張作用があるため服用後に、アルコールを飲んでしまうと酔っぱらいやすくなってしまうので注意が必要です。
特にアルコールに弱い人は気を付けてください。
こちらは25mgと50mg、100mgが販売されていますが、まずは25mgから服用することをおすすめします。
日本人は世界的に見ると小柄なので、100mgでは容量が多すぎてしまうでしょう。
もし手元に100mgしかない場合は、ピルカッターでカットすると良いでしょう。
ピルカッターはくすりをきれいにカットすることが出来るので、持っていると便利だと思います。
またくすりを切ると錠剤のコーティングが剥がれてしまうので、カットしたあとはなるべく早めに飲みきるようにしてください。
EDだと悩んでいる方はまずは一度試してみてはいかがでしょうか。
私もはじめは不安がありましたが、一度飲んでからは何度もお世話になるほど、お気に入りのくすりになりました。
誰もがはじめは不安を抱いていると思いますが、男としてまだ終わりたくないと思うのならばED治療薬はあなたの強い味方になってくれますよ。
彼女や奥さんのためにもまた満足のいくセックスが出来るように、ED治療薬の手を借りてみてはいかがでしょうか。

バイアグラの効果を安く手に入れたいならシラグラ

バイアグラにはたくさんのジェネリックがあることで知られていますが、シラグラもそんなバイアグラジェネリックの1つです。
製造はインドの製薬会社であるcipla社が行っていて、基本的にはインド国内で流通しているED治療薬ということになります。
実はインドはジェネリック医薬品のメッカとして有名です。
というのも、インドでは国内法において特許というものが存在してしないからです。

通常、新薬には特許が設定されます。
これによって開発会社が一定の期間利益を独占することになるので、研究開発や臨床試験のために費やした膨大な費用を取り戻すことができるからです。
ところが、インド国内では特許が認められていないためコピー商品をつくることが違法とはならないのです。

これにはインド国内の事情が影響しています。
以前のインドでは貧困層が医薬品を購入することができずに病気が治療できない事がよく見られました。
そこで、医薬品の特許をなくしてジェネリックをたくさん流通させることで薬価を大幅に下げて、貧しい人々でも薬を購入しやすくしているというわけです。
実際、価格はバイアグラと比べると5分の1以下となっていて、非常に安価です。

こういった背景もあって、インドではバイアグラと同じ成分を使って同じような製造方法によって作られたジェネリックが非常に安い価格で購入できるようになっています。
当然ながらシラグラもバイアグラと同じ成分であるシルデナフィルが使われています。
シルデナフィルは血液の流れを良くする効果を持つ成分です。
具体的には酵素5型ホスホジエステラーゼの活性を阻害することで血管内の平滑筋という筋肉を弛緩させて血流量を増やして陰茎に多くの血液が流れ込むようにします。
このような効果はシラグラを服用してからわずか30分後には現れます。
この即効性がシルデナフィルの特徴の1つです。
そして、その効果はその後4時間から6時間ほど持続します。
なお、シラグラを服用したからといって数時間勃起しっぱなしというわけではありません。

この点は勘違いしている人も多いので注意が必要です。
性的な刺激によって勃起しやすくなるということです。
服用に際しての注意点としては、食事の影響によって薬の効果が出にくくなることがあるということです。
少々の食事であれば問題ありませんが、満腹時に服用すると有効成分が吸収されにくくなってしまうので効果が出るまで時間がかかったりすることがあります。

できるだけ空腹時に服用するように心がけましょう。
アルコールについては適度なら問題ありませんが、飲み過ぎは効果を半減させてしまいます。
また、持病をお持ちの方で薬を常用している場合にはシラグラを服用できないことがあります。
シルデナフィルは血管を広げる効果があるため、高血圧の人で降圧剤を服用している場合には降圧剤の効果が強力に出すぎて血圧が下がりすぎてしまうことがあります。
また、心臓病があってニトログリセリンを服用している人も血圧が下がりすぎてしまうことがあるので危険です。
海外からの医薬品の通販は医師の処方箋がなくても購入できるというのがメリットの1つですが、持病のある人は服用の前にかならず医師に相談するようにしましょう。

格安バイアグラならシラグラ

インポテンツで悩んでいる男性は少なくありません。
インポテンツというのは、性交渉をするためにちゃんと勃起しない状態、あるいは、勃起しても長くその状態を維持できず、そのために性交も続かなくなってしまう状態を指します。
症状が現れたばかりのころは、時々そのような症状が出る程度でいつもというわけではないので、疲れているからかなあとか、ストレスが貯まっているからかなと考える男性が多いようです。
あるいは、もっと刺激が必要かもしれないと感じる男性もいます。

しかし、やがて勃起不全の状態が常時起こるようになってきます。
このとき、インポテンツだと自覚するようになります。
原因は様々で、20代~40代にかけての若い男性の場合は、極度の緊張など心因性のものが多いようです。
しかし、50代以降の場合は、器質性のものが多くなってきます。
具体的には、加齢、糖尿病、心臓病などの慢性疾患、勃起に関わる神経や血管の損傷などです。

他の病気の二次的疾患としてインポテンツになったというのでなければ、それが直接命の危険につながるわけではないので慌てる必要はありませんが、長く続くと男性としての自信が失われたり、夫婦や恋人との中がギクシャクする原因ともなりかねませんので、できれば早めに治療したいものです。
インポテンツの治療薬として有名なのはバイアグラです。
もともと心臓病の薬として開発されたものでしたが、インポテンツにも効果があることがわかり、今ではすっかりインポテンツの治療薬としてのほうが有名になってしまいました。
それだけニーズがあったということですね。
しかし、バイアグラはコストがかかるというのがネックでした。
そこで最近注目されているのが、バイアグラのジェネリック医薬品であるシラグラなんです。
シラグラはバイアグラとほぼ同等の効果を得ることができながら、価格はずっと安く購入することができるのが魅力です。
製造しているのは、インドのジェネリック医薬品メーカーのCipla(シプラ)社で、シラグラにはバイアグラの有効成分のシルデナフィルクエン酸塩を含まれているために、同じような効果、つまり勃起を改善する効果が期待できるというわけです。
それでいながら、インド国内では価格がバイアグラの10分の1程度で販売されています。
ただ、日本国内でシラグラの認可が下りていないので、直接購入することができません。

では、諦めるしかないのかというとそうではありません。
現在、インターネットなどの個人輸入代行サイトでシラグラを扱っているサイトが複数ありますので、それらのサイトを利用すればネット販売の感覚で購入することが可能です。
個人輸入代行サイトはあくまでも自己責任が原則で、万一の補償はありません。
ただそれは偽物が届くということではありません。
もしトラブルが発生した場合は、直接メーカーと交渉しなければならないということです。

実際に使用されている方の口コミ情報などを参考にしながら安心できるサイトから通販から購入するのがお勧めですね。

インド製バイアグラのジェネリック医薬品「シラグラ」

ジェネリック医薬品を製造するメーカーがインドには数多くあります。
ジェネリック医薬品というのは新薬に対して後発医薬品と呼ばれる薬です。
新薬は開発・研究・承認を経て市場に出回りますが、新薬には製造の特許期間が設定されていてこの特許が有効な期間においては他メーカーは同じ内容の薬を製造することができません。

そして新薬の製造特許が無効になりますと製薬メーカーは同じ内容の医薬品を製造することができます。

こうして作られるのがジェネリック医薬品です。
インドにはジェネリック医薬品のメーカーが集中していて、世界的にもジェネリック医薬品のシェアを大きく占めているのにはインド国内における特許制度の仕組みが背景にあります。
インド国内では薬の製造においては製造特許は認められているのですが、成分の特許制度がないため同じ成分で作られた医薬品もジェネリック医薬品と承認されて世界中に輸出されているのです。
ジェネリック医薬品を利用するメリットはやはり何といってもその価格の安さです。

新薬は研究や実験・治験に時間やコストがかかった上で承認されて流通しますが、ジェネリック医薬品は既に作り方や効能のわかっている医薬品を製造するだけなので低コストで製造可能だからです。

さて、世の多くの男性を悩ませる症状に勃起障害つまりEDがあります。
EDといえばその特効薬として登場したバイアグラを知らない人はいないでしょう。
日本でも承認されて、EDに悩む人の福音として注目されています。
このバイアグラはEDのメカニズムにアプローチする内容の薬で大変効果が高いのですが、薬価が高いという難点があります。
バイアグラを使った治療を途中でやめてしまう人の多くは経済面での理由からです。
そんな時にこそ使っていただきたいのが上記のジェネリック医薬品です。

バイアグラにも、シラグラという名前のジェネリック製品があります。
シラグラはジェネリック医薬品のメッカといわれるインド・ムンバイにある制約会社シプラ社が製造しています。
バイアグラの値段に比べて、5分の1から10分の1の安価な値段で入手できるのが特徴です。
どうしてこんなに安価で手に入るのかと言いますと、成分特許の制度がないインドで製造しているため、バイアグラの本家本元であるアメリカの製薬メーカーファイザー社に特許料を払う必要がないので安いという仕組みになっています。
シラグラはバイアグラのジェネリックとして製造されていますから、価格が安くても内容はバイアグラと同じです。
バイアグラの有効成分はシルデナフィルで、シラグラも同じようにシルデナフィルが配合されています。

シルデナフィルには海綿体に血流を集中させる薬効がありますからシラグラにも当然同じ効能があるわけです。
バイアグラと同じ成分の医薬品を安価で購入できるのがシラグラを使う一番のメリットです。

もちろん、使用上の注意もバイアグラと同じです。
禁忌や副作用について医師の指導を受けて指示通りに服用するという点もバイアグラとまったく同じです。

EDの治療薬シラグラの事がわかるサイト

男性の悩みの一つであるEDですが、治療薬の種類が沢山あって困ります。
良い治療薬がないかと思い探してみた所、このサイトに出会いました⇒シラグラについて
自分が試してみたかったのがシラグラと言う治療薬で、シラグラの情報が沢山書かれてあり、ありがたかったです。
基礎の知識が身につくだけでなく、副作用などの危険性も書かれているので、嬉しいのではないでしょうか。