インド製バイアグラのジェネリック医薬品「シラグラ」

ジェネリック医薬品を製造するメーカーがインドには数多くあります。
ジェネリック医薬品というのは新薬に対して後発医薬品と呼ばれる薬です。
新薬は開発・研究・承認を経て市場に出回りますが、新薬には製造の特許期間が設定されていてこの特許が有効な期間においては他メーカーは同じ内容の薬を製造することができません。

そして新薬の製造特許が無効になりますと製薬メーカーは同じ内容の医薬品を製造することができます。

こうして作られるのがジェネリック医薬品です。
インドにはジェネリック医薬品のメーカーが集中していて、世界的にもジェネリック医薬品のシェアを大きく占めているのにはインド国内における特許制度の仕組みが背景にあります。
インド国内では薬の製造においては製造特許は認められているのですが、成分の特許制度がないため同じ成分で作られた医薬品もジェネリック医薬品と承認されて世界中に輸出されているのです。
ジェネリック医薬品を利用するメリットはやはり何といってもその価格の安さです。

新薬は研究や実験・治験に時間やコストがかかった上で承認されて流通しますが、ジェネリック医薬品は既に作り方や効能のわかっている医薬品を製造するだけなので低コストで製造可能だからです。

さて、世の多くの男性を悩ませる症状に勃起障害つまりEDがあります。
EDといえばその特効薬として登場したバイアグラを知らない人はいないでしょう。
日本でも承認されて、EDに悩む人の福音として注目されています。
このバイアグラはEDのメカニズムにアプローチする内容の薬で大変効果が高いのですが、薬価が高いという難点があります。
バイアグラを使った治療を途中でやめてしまう人の多くは経済面での理由からです。
そんな時にこそ使っていただきたいのが上記のジェネリック医薬品です。

バイアグラにも、シラグラという名前のジェネリック製品があります。
シラグラはジェネリック医薬品のメッカといわれるインド・ムンバイにある制約会社シプラ社が製造しています。
バイアグラの値段に比べて、5分の1から10分の1の安価な値段で入手できるのが特徴です。
どうしてこんなに安価で手に入るのかと言いますと、成分特許の制度がないインドで製造しているため、バイアグラの本家本元であるアメリカの製薬メーカーファイザー社に特許料を払う必要がないので安いという仕組みになっています。
シラグラはバイアグラのジェネリックとして製造されていますから、価格が安くても内容はバイアグラと同じです。
バイアグラの有効成分はシルデナフィルで、シラグラも同じようにシルデナフィルが配合されています。

シルデナフィルには海綿体に血流を集中させる薬効がありますからシラグラにも当然同じ効能があるわけです。
バイアグラと同じ成分の医薬品を安価で購入できるのがシラグラを使う一番のメリットです。

もちろん、使用上の注意もバイアグラと同じです。
禁忌や副作用について医師の指導を受けて指示通りに服用するという点もバイアグラとまったく同じです。