格安バイアグラならシラグラ

インポテンツで悩んでいる男性は少なくありません。
インポテンツというのは、性交渉をするためにちゃんと勃起しない状態、あるいは、勃起しても長くその状態を維持できず、そのために性交も続かなくなってしまう状態を指します。
症状が現れたばかりのころは、時々そのような症状が出る程度でいつもというわけではないので、疲れているからかなあとか、ストレスが貯まっているからかなと考える男性が多いようです。
あるいは、もっと刺激が必要かもしれないと感じる男性もいます。

しかし、やがて勃起不全の状態が常時起こるようになってきます。
このとき、インポテンツだと自覚するようになります。
原因は様々で、20代~40代にかけての若い男性の場合は、極度の緊張など心因性のものが多いようです。
しかし、50代以降の場合は、器質性のものが多くなってきます。
具体的には、加齢、糖尿病、心臓病などの慢性疾患、勃起に関わる神経や血管の損傷などです。

他の病気の二次的疾患としてインポテンツになったというのでなければ、それが直接命の危険につながるわけではないので慌てる必要はありませんが、長く続くと男性としての自信が失われたり、夫婦や恋人との中がギクシャクする原因ともなりかねませんので、できれば早めに治療したいものです。
インポテンツの治療薬として有名なのはバイアグラです。
もともと心臓病の薬として開発されたものでしたが、インポテンツにも効果があることがわかり、今ではすっかりインポテンツの治療薬としてのほうが有名になってしまいました。
それだけニーズがあったということですね。
しかし、バイアグラはコストがかかるというのがネックでした。
そこで最近注目されているのが、バイアグラのジェネリック医薬品であるシラグラなんです。
シラグラはバイアグラとほぼ同等の効果を得ることができながら、価格はずっと安く購入することができるのが魅力です。
製造しているのは、インドのジェネリック医薬品メーカーのCipla(シプラ)社で、シラグラにはバイアグラの有効成分のシルデナフィルクエン酸塩を含まれているために、同じような効果、つまり勃起を改善する効果が期待できるというわけです。
それでいながら、インド国内では価格がバイアグラの10分の1程度で販売されています。
ただ、日本国内でシラグラの認可が下りていないので、直接購入することができません。

では、諦めるしかないのかというとそうではありません。
現在、インターネットなどの個人輸入代行サイトでシラグラを扱っているサイトが複数ありますので、それらのサイトを利用すればネット販売の感覚で購入することが可能です。
個人輸入代行サイトはあくまでも自己責任が原則で、万一の補償はありません。
ただそれは偽物が届くということではありません。
もしトラブルが発生した場合は、直接メーカーと交渉しなければならないということです。

実際に使用されている方の口コミ情報などを参考にしながら安心できるサイトから通販から購入するのがお勧めですね。